推理小説家「香住春吾」のウィキペディアを立ち上げ

作家塾の講師であり、福岡在住の映画監督・脚本家・女優・演出家の「花野純子」の曾祖叔父(そうしゅくふ)にあたる推理小説家「香住春吾」(かすみしゅんご)氏は、1950年代〜90年代にかけて数多くの推理小説や映画原作、漫画原作、放送作家として活躍された方です。今でも推理小説家として人気があり、定期的に書籍が発刊されています。

そして、この度、香住春吾氏のウィキペディアを立ち上げました。
香住春吾氏の仕事量は膨大なので、これから時間をかけて情報を載せていきます。
ウィキペディアは多くの方が書き込む事が出来ますので、香住春吾氏の情報をお持ちの方は執筆にご協力頂けますと幸いです。
また、香住春吾氏が映った写真や、関連画像もご提供もお待ちしております。
写真・画像に関しては、デジタルデータでのご提供でも大丈夫です。

皆様のご協力を何卒よろしくお願い致します。

お問い合わせは、miu@hanano-j.com まで。(花野組福岡)

香住春吾ウィキペディア https://t.co/DJR8AJlmnC?amp=1

香住春吾「地獄横丁」が発刊

作家塾の講師であり、福岡在住の映画監督・脚本家・女優「花野純子」の曾祖叔父にあたる推理小説家「香住春吾(かすみしゅんご)」の短編を収めた「地獄横丁」が盛林堂書房様より発刊されました。
これまで未収録だった短編も収められている貴重な書籍です。発行部数が非常に少ない本ですので、ご興味がある方はお早めにご購入下さい。

書籍情報「盛林堂書房」http://seirindousyobou.cart.fc2.com/ca1/602/

成功=書き続ける事

書き続ける事が「作家の宿命」だから「書くのが好き」でないと無理。

お陰様で「作家塾」(脚本塾/小説教室)を10年以上も運営し、無数の生徒さんを迎えてきました。

生徒さんのタイプも様々でして、最初から文章センスがある方も居れば、文章が下手な人も居ます。
ただ、文才がどうであれ共通して言える事は、作品を「書き続ける人」のみが作家として成長しています。

逆に言えば、センスがある人でも、惜しい所で書くのを辞めて塾を去っていった人も割と多いのです。
また、文が下手だなぁという生徒さんでも書き続けると文章は必ず上手になっていきますし、結果も出してます。

作家としてデビューしたら、更に書きまくる事を求められます。
作家とは「書き続ける職業」なのです。
私は、今も、生徒さんが作品を書き続ける事を祈る様な気持ちで見守っています。

「プロット執筆は小説・シナリオ修行に効果的」

「プロット」が解れば、仕事が出来る人になれますよ。

作家・漫画家・映画監督などを目指す訓練の一つとして、「プロット」(物語の粗筋)を書くと、起承転結、主役・脇役の役割、テーマの意味などが体得できます。
これはディレクター・プロデューサー業にも有効で「ストーリーの良し悪しを具体的に分析する」技術も身につきます。この技術があると、作家に対するリライト指示が具体的に出来る様にもなります。

「まず3ヶ月書いてみよう」

3ヶ月書くと、自分に”才能”があるか解ります。

小説やシナリオを書こうと思いたったら、まず3ヶ月間は書き続けてみましょう。
そうすると「自分は書く事が本当に好きか」が解ると思います。
概ね「書く才能の最低条件=書く事が好き」です。
好きなら、熱意を持って書けますし、そうすると筆力は必ず上がります。
ですので作家塾に参加される方には、最低3ヶ月間 書き続ける事をおすすめしています。