「プロット執筆は小説・シナリオ修行に効果的」

「プロット」が解れば、仕事が出来る人になれますよ。

作家・漫画家・映画監督などを目指す訓練の一つとして、「プロット」(物語の粗筋)を書くと、起承転結、主役・脇役の役割、テーマの意味などが体得できます。
これはディレクター・プロデューサー業にも有効で「ストーリーの良し悪しを具体的に分析する」技術も身につきます。この技術があると、作家に対するリライト指示が具体的に出来る様にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です