「テーマ」の問題 (作家デビューの分かれ道)

結局”テーマ”が書けるかどうかがデビューに繋がってますね。

花野組福岡・作家塾では、作家が「テーマ」を書けているかを最重要視しています。
テーマとは、言い換えれば「その作家が最も書きたい事」、
更に言い換えると「その作家の人生にとって最重要な事」です。

テーマは、作家が生きてきた人生から生じる物で、第3者が与える事は出来ません。
(テーマと”お題”を間違えている人も多いです)

作家がテーマに向かって書いた作品は、迫力があります。
それが当塾では、受賞などの結果に結びついています。

脚本家・小説家としてデビューするかどうかの分かれ目は、テーマの問題と深く関係しています。当塾では、早い人では3ヶ月から半年でテーマの問題に行き着く感じです。

映画「Soul of Love」製作開始

久しぶりに映画を福岡で撮ります!

花野組福岡のアーティスト「花野純子」の自主映画「Soul of Love」の製作を開始しました。脚本・監督・主演を花野純子が担当します。そして、まずは福岡市の某海岸にてプロモーション映像の撮影を行いました。撮影日は、北風が強くて寒かったのですが、天気は良好でした。

今後、不定期で映画の製作進行状況もお伝えしていきます。